Vol.2【普通の住宅ローンと何が違う?】フラット35、35Sの基礎知識

2020.05.18 2

【前回までのあらすじ】 マイホームの夢に向かって本格的に歩み始めた家永マサルとユイの夫婦。ユイの姉・リョウコのおかげで住宅ローンの金利については理解できたものの……。 またまた「?」な言葉の登場に戸惑うふたり。住宅ローンの種類とは?フラット35とは?

01住宅ローンは3種類もある!?フラット35とは?

ひとくちに住宅ローンといっても、実は大きく下記のような3タイプに分かれています。

  • 民間金融機関の住宅ローン(民間融資)
  • 財形住宅融資(公的融資)
  • フラット35(協調融資)

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に合ったタイプを慎重に選択してく
ださい。

02金利がお得になるフラット35Sって?

※住宅金融支援機構【フラット35】サイトより

フラット35の中でも、条件を満たした高性能な住宅を購入する際に、一定期間、金利が優遇されるのがフラット35Sです。

フラット35Sは、建物の技術基準によって、さらに「金利Aプラン」「金利Bプラン」に分かれており、違いは以下の通り。

  • 金利Aプラン:当初10年間の金利が低い
  • 金利Bプラン:当初5年間の金利が低い

特に新築物件を購入する際は注目したいところです。

03知っておきたいフラット35のメリット・デメリット

住宅ローンを選ぶ際には、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと把握しておくことが大切です。

フラット35を検討するときには、以下のような点を押さえておきましょう。

フラット35のメリット

・フラット35Sなら金利がお得になる
・個人事業主の人なども借りやすい
・保証料が不要
・団体信用生命保険の加入が任意(その場合は金利が低くなる)
・全期間固定金利型なので返済額が一定
・繰り上げ返済の手数料が無料

フラット35のデメリット

・住宅の技術基準があり、物件検査が必要
・諸費用はローンで賄えない
・全期間固定金利型なので、金利が下がっても返済額が安くならない
・変動金利型の住宅ローンよりも金利が高め

「誰にでもぴったりの住宅ローン」というものは存在しません。どのタイプの住宅ローンが最適かは、収入やライフプランによってひとそれぞれ。

「自分に合っているのはどのタイプか」という視点で、慎重に検討しましょう。

※ローン審査は提携金融機関で実施いたします。リクルートで審査は実施いたしません。

関連キーワード

この特集の他の記事

事前審査・相談

ご利用上の注意

  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。

0