住宅ローン申し込み時の必要書類は?事前申し込み・本申し込み~契約時まで

2021.05.25 7

住宅ローンの審査には売買契約前に受ける「事前審査」と契約後に受ける「本審査」があり、本審査に通り次第、契約を結ぶことになりますが、それぞれの段階で様々な書類を揃えて提出する必要があり、書類に漏れがあると手続きが遅れてしまいます。スムーズに審査から契約に進めるよう、あらかじめ住宅ローンの審査や契約に必要な書類と入手場所を確認しておきましょう。

01住宅ローン事前審査の申し込み時に必要な書類、準備すべきものは?

住宅ローンの本審査は売買契約後に行われるため、もし本審査に落ちて購入ができなくなると契約を解除しなくてはならないため、売り手・買い手ともに大きな損害を被ってしまいます。そのリスクを避けるために売買契約前に行われるのが住宅ローンの事前審査で、主にローン申し込み者に返済能力があるかどうか、信用情報に瑕疵がないかどうかが審査されます。事前審査に必要な書類は、利用者が給与所得者(会社員や公務員など)か個人事業者(フリーランスなど)かあるいは法人の代表者か、また、他にローンなどの借り入れがあるかどうかによって異なります。

事前審査に必要な主な書類等

全員 ☆住宅ローン申込書(事前審査用)
☆物件概要がわかる資料(物件販売チラシ、見積書や間取り図、土地の公図など)
・印鑑(認印も可)
・本人確認資料(運転免許証、健康保険被保険者証、パスポートなど、いずれか一つ)両面コピー必須
給与所得者 ☆源泉徴収票(前年分)
個人事業主、
確定申告をしている人(フリーランスや副業をしている人)
確定申告書と付表(ともに直近3年分)
法人の代表者 ☆源泉徴収票(直近3年分)
☆法人の決算報告書(前3期分、科目明細付き)
確定申告書と付表(ともに直近3年分)
他に借り入れがある場合 ☆借り入れ中の償還予定表の写しまたは残高証明書

☆は外部から入手する必要があるもの

外部から入手する必要がある書類の入手先は次の表のとおりです。審査を受けることが決まったら早めに入手しておきましょう。

外部から入手する必要がある主な書類とその入手先(事前審査用)

書類 入手先
住宅ローン申込書(事前審査用) 金融機関
物件概要がわかる資料 不動産業者
源泉徴収票 勤務先
法人の決算報告書 本人が代表を務める法人
借り入れ中の償還予定表の写しまたは残高証明書 借り入れ中の金融機関

02本審査の申し込み時に必要な書類、準備すべきものは?

事前審査に通ると、原則として数日以内に不動産の売買契約を結び、住宅ローンを正式に申し込んで本審査を受けます。本審査では事前審査よりも厳密な審査が行われるため、事前審査よりも多くの書類の提出が求められます。

本審査に必要な主な書類等

全員 ☆住宅ローン申込書(本審査用)
☆団体信用生命保険申込書兼告知書
☆住民票(写し。家族全員の記載があり、本籍地やマイナンバーの記載がないもの)
☆印鑑登録証明書☆物件概要がわかる資料(広告、見積書や間取り図など)
☆土地登記事項証明書(発行後3カ月以内のもの、敷地化されているマンションは不要)
☆建物登記事項証明書(発行後3カ月以内のもの)
・印鑑(実印)
・物件に関する書類(売買契約書の写し、重要事項説明書の写し、土地・建物の登記簿謄本、見積書や間取り図、土地の公図など)
給与所得者 ☆源泉徴収票(前年分)
・住民税決定通知書(直近分)
個人事業主、
確定申告をしている人
(フリーランスや副業をしている人)
☆申告所得税納税証明書、事業税納税証明書(ともに直近3年分)
・確定申告表と付表(ともに直近3年分)
法人の代表者 ☆源泉徴収票(直近3年分)
☆法人の決算報告書(前3期分、科目明細付き)
☆法人税納税証明書(直近3年分)
☆法人事業税納税証明書
・確定申告書と付表(ともに直近3年分)
他に借り入れがある場合 ☆借り入れ中の償還予定表の写しまたは残高証明書

上の表で☆がついている書類は外部から入手する必要がある書類で、入手先は次の表のとおりです。

事前審査と重複しているものもありますが、本審査用に別途入手して提出する必要があります。住民票や印鑑登録証明書は契約時にも提出しなくてはならないので、多めに入手しておくと便利です。

外部から入手する必要がある主な書類とその入手先(本審査用)

書類 入手先
住宅ローン申込書(本審査用)団体信用生命保険申込書兼告知書 金融機関
住民票印鑑登録証明書 市区町村役場
物件概要がわかる資料 不動産業者
土地登記事項証明書(発行後3カ月以内のもの)建物登記事項証明書(発行後3カ月以内のもの) 法務局
源泉徴収票 本人の勤務先
申告所得税納税証明書、事業税納税証明書(ともに直近3年分) 税務署
法人の決算報告書(前3期分、科目明細付き) 本人が代表を務める法人
法人税納税証明書(直近3年分)法人事業税納税証明書 税務署
借り入れ中の償還予定表の写しまたは残高証明書 借り入れ中の金融機関

03契約時に必要な書類、準備すべきものは?

本審査に通るといよいよ、住宅ローン契約を結びます。住宅ローン契約時に必要な主な書類等と入手先は以下の表のとおりです。

契約時に必要な主な書類等とその入手先

書類 入手先
住民票の写し(家族全員の記載があり、本籍地やマイナンバーの記載がないもの)印鑑登録証明書 市区町村役場
本人確認のための顔写真付き公的書類(運転免許証、パスポートなど)の原本。ない場合は健康保険証など  
収入印紙(金銭消費貸借契約証書に貼付用)※金額は借入額に応じて異なる 郵便局など
入金口座の通帳(融資金の入金口座確認用)  
実印  

04住宅ローンの借り換え時に必要な書類

住宅購入のためではなく、住宅ローンの借り換えのために住宅ローン契約を結ぶ場合にも、事前審査・本審査に通らないと融資を受けることはできません。事前審査・本審査・契約時ともに必要な書類は、通常の住宅ローンの場合とおおむね同じですが、借り換え時には次の資料が追加で必要になります。

住宅ローン借り換え時に追加で必要な書類

審査の種類 追加で必要な書類 入手先
事前審査 ・借り入れ中の償還予定表(写し)
・残高証明書
借り入れ中の金融機関
・借り入れ中の返済口座通帳1年分
本審査 ・借り入れ中の償還予定表(写し)
・残高証明書
借り入れ中の金融機関
・返済用口座通帳のコピー
・口座からの引き落しで返済している場合、直近6カ月分の返済履歴が確認できるページのコピーが必要。給与からの引き落しで返済していれば、給与・賞与明細のコピーが必要に

今回紹介した必要書類はいずれも一般的な住宅ローンの審査で必要とされるものですが、金融機関によって必要書類の種類や数は異なります。審査や契約の前には必ず必要書類や準備すべきものを金融機関に確認して、もれなく揃えるようにしましょう。

相山華子

監修:相山華子

ライター、OFFICE-Hai代表、2級ファイナンシャル・プランニング技能士

プロフィール

1997年慶應義塾大学卒業後、山口放送株式会社(NNN系列)に入社し、テレビ報道部記者として各地を取材。99 年、担当したシリーズ「自然の便り」で日本民間放送連盟賞(放送活動部門)受賞。同社退社後、2002 年から拠点を東京に移し、フリーランスのライターとして活動。各種ウェブメディア、企業広報誌などで主にインタビュー記事を担当するほか、外資系企業のための日本語コンテンツ監修も手掛ける。20代で不動産を購入したのを機に、FP(2級ファイナンシャル・プランニング技能士)の資格を取得。金融関係の記事の執筆も多い。

関連キーワード

事前審査・相談

ご利用上の注意

  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。

0