投資運用について知りたい記事をキーワードから探せます

最近話題のロボアドバイザーとは?その有効性と特徴について

11

ロボアドバイザーという言葉を耳にする機会が増えたのではないでしょうか。人工知能(AI)を利用した資産運用サービスのことで、中には、気になりつつもよくわからないことから二の足を踏んでいる人もいるかもしれません。ロボアドバイザーの特徴やメリット・デメリット、注意点などについて整理します。

01最近話題のロボアドバイザーとは?

最近、ネット証券やネット銀行を利用していると、ロボアドバイザーの案内を受ける機会が増えた印象があります。ロボアドバイザー専門の企業が上場するなど話題にされることも多くなっています。まずは、ロボアドバイザーとはどのようなものか、特徴などについて整理しておきましょう。

ロボアドバイザーの特徴

ロボアドバイザーとは人工知能(AI)を駆使した資産運用サービスをいい、投資家が資産運用をする際に商品選びのアドバイスを受けることができる、あるいは自動で売買までを行ってくれるサービスです。投資家がいくつかの質問に回答することで、その人の資産運用の目的やリスク許容度、運用のスタイルなどを確認し、それに合う資産配分(ポートフォリオ)のアドバイスから、運用の実行までしてくれます。もとはアメリカ発祥のサービスですが、日本でも急激に広がりを見せています。

ロボアドバイザーの特徴を整理すると次のようになります。

  • その人の運用スタイルに合う資産配分(ポートフォリオ)を提案してくれるインターネット上のサービス
  • アドバイス型と運用型があり(後述)、運用型はAIがマーケット分析や商品選びなども行い、自動で売買もリバランスも行ってくれる。リバランスとは、投資信託などの価格が変動することで、当初設定した資産配分と離れてしまったときに戻すことで、中長期投資では重要な機能
  • 運用型は自動で売買してくれるため、投資や資産運用に関する知識が十分でなくても始められる。また、忙しくて自分で売買できない人に向く
  • 少額でも利用でき、コストも抑えられている

運用を包括的に他人に任せる方法としては、富裕層向けのプライベートバンクといった金融機関によるサービスや、一定以上のまとまった資金の運用を任せることができるラップ口座なども知られています。これらとの大きな違いは、ロボアドバイザーではAIがポートフォリオの提案やマーケット分析、商品選び、また多くの場合、売買までを自動で行ってくれるという点でしょう。そのため、少額でも利用でき、また、コストも抑えられています。

ロボアドバイザー(運用型)がやってくれることとしては次のようなものが挙げられえます。

<ロボアドバイザーがやってくれること>

ロボットアドバイザーがやってくれること

投資はしてみたいけれど知識が十分でない、忙しくて時間がないという人に適したサービスといえそうです。

アドバイス型と運用型について

ロボアドバイザーには、アドバイス型と運用型(投資一任型)の2つのタイプがあります。アドバイス型は提案のみにとどまるサービスで、一方の運用型は実際の運用まで行なうサービスです。

<アドバイス型と運用型(投資一任型)の概要比較>

ロボットアドバイザー アドバイス型と運用型(投資一任型)概要比較

アドバイス型

ロボアドバイザーのアドバイス型の場合、設定されているいくつかの質問に答えることで、自動的に資産運用の最適な配分を提案してくれて、具体的な投資商品の選定まで行ってくれます。設定される質問の内容は金融機関で異なりますが、年収、年齢、投資の目的、運用期間、投資に対する考え方、投資の経験その他で、これらに答えると、資産配分(ポートフォリオ)が提示され、商品の提案までしてくれます。

ただし、最終的に提案を受けた商品に投資するかどうかは自分で決定しないといけません。また、投資をした後のリバランス(投資配分の見直し)なども自分で行う必要があります。通常、アドバイス型で提案を受けただけでは費用はかからないものがほとんどです。

運用型(投資一任型)

ロボアドバイザーの運用型は、設問に答えて資産配分や商品の提案を受けた後、実際の商品の売買や、その後の定期的なリバランスなどまで自動で行ってくれます。中長期投資の一連の作業をすべて任せることができるため、投資ビギナーや忙しい人などに向いています。

ロボアドバイザーの運用型のサービスを利用するには一定の費用がかかります。投資信託を保有しているとかかる信託報酬(運用会社などに支払う手数料)のほか、ロボアドバイザーを利用するためのサービス利用手数料がかかります。中には、別途、成功報酬がかかるところもあります。なお、サービス利用手数料は、運用資産の1%前後のところが多くなっています。

<ロボアドバイザー運用型のコスト>

信託報酬 投資信託を保有しているとかかる運用会社などに支払う手数料。商品によって0.1程度から2%程度まである
サービス利用手数料 ロボアドバイザーの会社へ支払う手数料。運用資産の1%前後のところが多い。
成功報酬 サービス利用手数料は低いものの、実現収益の〇%など併用して報酬が設定されているところも。
わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

02ロボアドバイザーを利用するのに向いている人とは?

ロボアドバイザーのメリット・デメリット、あるいはどんな人に向くかについて見ていきましょう。

ロボアドバイザーのメリット

まずは、メリットです。次のような点が挙げられるでしょう。

  • 少額でも自分の運用目的・スタイルに合う資産配分や商品を提案し運用してもらえる。
  • 投資や資産運用に関する知識が十分でなくても、また時間がなくても運用ができる。
  • コストが抑えられている。
  • オンラインサービスのため、いつでも、気楽に利用できる。
  • AIがマーケット動向ほかの情報を分析しながら運用するため、正確で効率的な運用ができる。

富裕層向けのプライベートバンクに準じるようなサービスを少額で受けられ、自分の運用目的・スタイルに合う資産配分や商品を提案し運用してもらえるのは大きなメリットでしょう。知識がなくても、時間がなくても運用ができ、しかも、コストも決して高くはありません。オンラインサービスのため、深夜でも早朝でも(更新などの時間は除きます)、どこにいても利用できます。自分だけでは追いきれない情報も、AIが取り込んで分析しながら運用してくれるため、正確で効率的な運用ができます。

このようにメリット多いサービスと言えます。

ロボアドバイザーのデメリット

続いて、デメリットを整理してみましょう。次のようなデメリットがあることは知っておく必要があります。

  • PCやスマートフォンなどで運用するのでそもそもツールがないと利用できない
  • 運用はロボアドバイザーに任せるものの、運用の結果は自己責任となる
  • 運用の結果にかかわらず、サービス利用手数料がかかる

PCやスマートフォンはあっても、利用に慣れていないと導入時は手間がかかるかもしれません。また、運用の結果は自己責任となるため、トータルで損が出た時にも、その結果は自分で受け止めないといけません。しかも、運用結果が悪かったとしても、ロボアドバイザーを利用している間はサービス利用手数料がかかります。デメリットもしっかり理解したうえで利用しましょう。

ロボットアドバイザーのメリットデメリット

こんな人に向く

ロボアドバイザーの特徴やメリット・デメリットを踏まえたうえで、どのような人に向くのか、考えてみましょう。

  • まったく知識がないけれど投資をしたい人
  • 投資に関する知識が十分でない投資ビギナーの人
  • 仕事や家事・育児が忙しくて投資の情報収集やメンテナンスができない人
  • 自分でも投資はしているけれど、資金の一部を任せてみたい人

知識がまったくなくても、少なくとも、「資産運用を始めたい」という人には向いています。また、仕事が忙しい会社員や、子育てに追われるファミリー層で、投資をしたいという希望がある人にも向いていると言えるでしょう。

他にも、筆者の周囲には、自分でも運用をしているけれど、ロボアドバイザーで資金の一部を運用し、運用競争をしてみたいと考える人もいます。ロボアドバイザーの運用をベンチマーク(目標)として、自分の運用法を見直すまたは確認するきっかけにしている人もいます。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

03ロボアドバイザーのサービスの選び方

ロボアドバイザーのサービスは多くの金融機関などが始めていますが、複数のサービスの中で自分の場合はどれを選べばいいか、比較すべきポイントはいくつかあります。

ロボアドバイザー サービスの選び方

運用型を前提に利用する人が多いと思いますが、気になるロボアドバイザーが複数ある場合は、最低投資額がいくらなのか(10万円、1万円、1,000円など)や、運用手数料・成功報酬はどれくらいか、投資対象商品の内容はどうか(投資信託かETFか、銘柄数、内容など)なども調べて比較したいもの。

特に重要なのは、運用実績です。同じ期間の年利回りを比べてみましょう。最低と最高で示されるため、その中間で比べるか、最低がマイナスでもいいかどうかなど、比較の際には自分の基準で判断をしましょう。このほか、個々のロボアドバイザーによって、機能やサービス内容が異なる場合もあります。自分にとって必要なものである場合は、それも含めて比較するといいでしょう。

NISAの投資枠があり、しかもその運用をロボアドバイザーに任せたい人は、NISAが対象になっているかどうかも選択のポイントです。

なお、どうしても絞り切れない場合は、資金的に余力があれば、複数のロボアドバイザーを試してみるのも1つの方法かもしれません。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

04ロボアドバイザーを利用する際の注意点

最後にロボアドバイザーを利用する際の注意点を押さえておきましょう。

  • 投資なのでマイナスもある
  • リスクを軽減したい場合は一括より積立で
  • 過去の運用実績と同じ運用となるわけではない
  • ローリスク・ハイリターンな金融商品はない
  • 高い期待収益にはリスク(価値下落)がつきもの

ロボアドバイザーであっても、運用実績がマイナスになることもあります。ハイリターンを求めるほど、リスクも高くなります。また、運用の際にリスクを軽減したい場合は、一括投資より積立の方が無難です。選択できる際は、積立を選ぶようにするといいでしょう。

前年の運用実績が高かったことで期待して始めても、同じにはなりません。そのような勘違いを起こさないよう注意しましょう。中には、運用スタンスは「安全重視」なのに、利回りだけ高く期待してしまう人もいるようですが、大きなリターンを狙うなら大きなリスクを負うことになり(ハイリスク・ハイリターン)、元本割れの可能性も高まります。安全重視の場合は、大きなリターンが期待できない代わりにリスクも抑えられています。ビギナーであっても、こうした勘違いは避けるよう注意しましょう。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資
豊田眞弓

監修:豊田眞弓

FPラウンジ代表

プロフィール

94年より独立系FP。相談業務や講演、コラム執筆などで活動、ハッピーで持続可能な家計の実現をサポート。短大・大学で非常勤講師も務める。「都心の小さな家・マンションに住み替える」(ダイヤモンド社)など著書多数。趣味は講談、投資。


SNSに投稿

関連キーワード





ご利用上の注意

  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。