投資運用について知りたい記事をキーワードから探せます

投資信託の基礎知識と選び方のポイントを学ぼう

11

低金利の昨今、貯蓄だけで資金を増やしていくのは難しくなっています。投資初心者でも始めやすい投資信託を上手に活用して、これからの生活を豊かに暮らしていけるように、投資信託の基礎知識から学んでいきましょう。今回は投資信託の特徴や種類、どんな投資信託を選んだらよいかを解説していきます。

01投資信託の特徴

投資信託とは、たくさんの投資家からお金を集め、1つの大きな資金としてまとめ、運用のプロが選りすぐった国内外の株式、債券、不動産などで運用する金融商品です。まず、投資信託の特徴から見ていきます。

少額から始められる

投資信託の中には100円から購入できるものもありますが、一般的には1万円くらいから始められると考えておけばよいでしょう。トヨタやソニーなどの個別株式への投資は、最低購入単位が決められているため、ある程度の資金が必要ですが、投資信託は、多くの投資家から集めた資金で運用するため、投資金額に応じた分だけ少額から買えるのが特徴です。

分散投資でリスク軽減

投資信託は複数の投資対象に分散投資して運用します。投資信託の商品の特性によって異なりますが、投資対象は国内外のさまざまな企業の株式や債券、不動産など、異なる値動きの金融商品に幅広く分散されています。一つの投資対象が不調でも、異なる値動きをする他の投資対象でカバーできるなど、リスクの軽減効果を期待できます。

<分散投資でリスク軽減>

投資のプロが代わりに運用してくれる

投資信託には、アナリストやファンドマネジャーという情報収集や分析、運用のプロがいて、投資家に代わって運用してくれます。一般の生活者では対応が難しい、企業業績の分析や、投資対象の選別などに悩む必要がありません。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

02投資信託の運用方法

投資信託の運用方法には、インデックス型とアクティブ型の二つがあります。

インデックス型

インデックス型は、私たちが良く目にする日経平均株価やTOPIX(東証株価指数)などの指数に連動するタイプの投資信託で、値動きがわかりやすく、人件費などのコストが安くすむため、手数料が安いのが特徴です。長期間の保有を検討する場合は、小さなコストの差が大きな開きとなるため、コストの安いインデックス型は選択肢となります。

アクティブ型

アクティブ型は、日経平均株価などの指数を上回る運用成績をめざすタイプの投資信託です。ファンドマネジャーが企業訪問し、調査・分析して銘柄を選別し、運用します。しかし、すべてのアクティブ型の投資信託が好成績を出しているわけではないので、それぞれの投資信託の運用実績を確認することが必要です。一般的に、アクティブ型は人件費がかかるためコストは高めです。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

03投資信託の種類

投資信託の投資対象を見ていきましょう。

<投資対象による投資信託の分類>

投資対象:債券

まず、国や公共団体、企業などが資金を調達するために発行する債券を投資対象とする投資信託です。

国内債券

国内債券に投資するタイプの投資信託です。複数の債券を組み込むことで、投資信託自体の価格変動リスクを低く抑え、安定した運用が期待できますが、大きなリターンは望めません。

海外債券

主に海外債券に投資するタイプの投資信託です。海外債券とは、債券の発行市場、発行体(国や企業など)、通貨のいずれかが海外の債券を指します。金利の高い国や会社の債券はより高い利回りが狙えます。しかし、海外債券には為替変動リスクがあるほか、発行体の格付け(信用度を表す指標)に注意が必要です。信用度の高い先進国や格付けの高い会社の債券は金利が低く、安全性が高めです。反対に、新興国や格付けの低い会社の債券は安全性が低く、金利は高めになっています。

投資対象:株式

次に株式を投資対象とする投資信託です。

国内株式

国内企業に投資するタイプの投資信託です。上述の「インデックス型」と「アクティブ型」に分けられます。個別株式のように投資する銘柄やタイミングを選べない反面、誰もが知っている日本の有名企業や応援したい企業の株式を、少量ずつとはいえ保有できるのは、株式投資信託ならではの魅力です。

海外株式

主に海外株式を中心に投資するタイプの投資信託です。投資対象は世界各国に及ぶものから特定の国や地域に投資するものなどがあります。例えば、MSCIワールドインデックス(モルガン・スタンレー・キャピタル・インデックス社が開発した指数)は、日本を含む世界主要23カ国の株式で運用されているため、これ1本で分散効果の高い投資信託となっています。このほか、アメリカやヨーロッパの先進国に投資する先進国株式型や、アジアや南アメリカなどの新興国に投資する新興国株式型などがあります。海外株式に投資する投資信託のメリットは、日本より大きな成長が期待できそうな国や地域の経済成長に、少額から投資できる点です。一方で為替変動リスクがあり、情報量が少ないというデメリットもあります。

投資対象:不動産

不動産に投資する不動産投資信託もあります。

国内不動産

不動産投資信託とは不動産に投資する投資信託のことで、REIT(リート)と呼ばれています。日本(JAPAN)の頭文字を取りJ-REITと呼ばれる国内不動産型投資信託は、投資家から集めたお金で、日本国内のオフィスビルやマンション、商業施設、ホテルなどを購入し、賃貸収入や売買で得た利益を投資家に分配する金融商品です。不動産への投資にはまとまった金額とともに、物件の選定から運用・維持管理・入居者募集と専門の知識や労力が必要です。しかし、REITの場合は10万円くらいから購入でき、投資法人が運用してくれるため、不動産投資が始めやすく、換金性が高く、収益のほとんどが投資家に分配されるといったメリットがあります。ただし、投資対象が不動産のため、地震や火事などで投資対象が損壊し、投資額を失うなど不動産特有のリスクもあります。

海外不動産

海外の不動産に投資するタイプの金融商品で、海外REITと呼ばれています。個人ではなかなか難しい海外不動産への投資も、海外REITなら少額から始められ、利回りも高いのですが、価格変動や為替リスク、国内不動産と同様に、不動産特有のリスクもあります。これらのリスクに関する情報が見えにくいというデメリットは、海外株式型と同じです。

投資対象:バランス型

その他にバランス型と呼ばれる投資信託があります。
債券、株式、不動産など、値動きの異なる複数の資産や市場にバランスよく投資する投資信託です。例えば、国内の債券、株式、海外の債券、株式の4種類を組み合わせたバランス型の投資信託や、さらにそれにREITを組み込んだものもあります。株式は好景気の時に値上がりしやすく、債券は不況時に値上がりしやすい傾向があり、不動産はまた別の値動きをします。そのため、複数の投資対象に分散投資されているバランス型の投資信託1本を保有することで、手間暇をかけず、少額から幅広く分散投資できるのがメリットです。しかし、手数料が高めなものや、実際に運用している銘柄がわかりにくい投資信託もあります。バランス型の投資信託の中身を十分に吟味し、手数料が低めで、納得できるものを選ぶことが大切です。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

04投資信託の選び方

これまで見てきたように、投資信託は運用方法、投資対象によりさまざまな種類に分かれ、値動きもリスクも異なります。これらを十分に理解したうえで、自分が投資する投資信託を選びます。

下記で、それぞれの手順を説明します。

1. 目標設定

はじめに考えなければならないことは、ライフプランの中で、何年後に、何のために使う資金をいくらぐらい用意したいのかという目標設定です。例えば「5年後にマイホーム購入を考えているので、頭金500万円を目標に貯めたい」とか、「15年後の子どもの大学入学金や4年間の学費などで600万円を用意したい」などを具体的に決めることが大切です。

2. リスク許容度を決める

次に、リスク許容度を決めます。投資にはリスクがあります。リスクとは「投資により得られる収益、または損失のブレ幅」のことで、投資すれば必ず収益(リターン)が得られるとは限らず、値下がりして元本割れすることもあります。この値下がりがどの程度までなら経済的、精神的に耐えられるか、これがリスク許容度で、一人一人異なります。目安としては、購入価格より10%下落したら売却するなどの方針を事前に立てておくことです。

3. 投資信託のタイプを決める

それぞれの人の投資期間とリスク許容度に応じて、どんなタイプの投資信託を選ぶかが決まります。30代であれば、値下がりしても取り戻す時間があることから、一般的にはある程度のリスクを取ることができるといわれますが、投資初心者はあまりハラハラドキドキせずに資産形成していけるように、なるべくリスクの低い投資信託を選ぶのがよいでしょう。例えば、日経平均株価に連動した国内インデックス型の投資信託や、ある程度の株式を盛り込んだバランス型の投資信託を、毎月積み立て方式で購入していくような方法です。

4. 投資信託の決定、スタート

具体的な投資信託のタイプが決まれば、その中で分散効果の高い数本をピックアップし、下記の3点を確認して絞り込みます。

  • 発売から数年以上経過していて、ある程度の規模があり、運用実績が安定している(新発売のものは実績がないため)
  • 分配金がない、もしくは再投資できる(分配金が出るタイプは、複利効果が得られないため)
  • 手数料が低め(同じような分類の投資信託と比較する)
    納得できる投資信託を絞り込めたら、目標額達成に向けて、資産形成をスタートしましょう。
わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

<プロフィール>

岡本典子FPリフレッシュ代表。CFP、終活アドバイザー。高齢期を安心して暮らせる高齢者施設・住宅への住み替えコンサルに注力。講演や執筆も行う。著書に『イザ!というとき困らないための 親の介護と自分の老後ガイドブック』(ビジネス教育出版社)がある。


SNSに投稿

関連キーワード





ご利用上の注意

  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。