投資運用について知りたい記事をキーワードから探せます

おすすめの国内株式とは?海外株式との違いや銘柄選びのポイントを知ろう

9

株式投資にはさまざまな魅力がありますが、国内の株式だけではなく海外の株式にも投資が可能です。株式投資の基本から、国内株式と海外株式の特徴やその違い、銘柄の選び方についてお伝えします。

01株式投資の魅力

株式投資には、以下のようなメリットがあります。

<株式投資のメリット>

値上がり益

株価はいつも変動するものですが、投資した企業(銘柄)の株価が、購入した時より、売却する時の方が高ければ、値上がり益が得られます。

配当益

企業が企業活動で得た利益の一部は配当金として株主に還元されることがあります。配当額は企業によってさまざまです。配当金の支払いは年1回の本決算、または中間決算も入れて年2回としている企業が多く、実際に配当を受け取れるのは、決算の2~3カ月後になります。

株主優待

株主優待は企業が株主に対して、保有株数に応じて商品やサービスを無償で提供するものです。日本の上場企業のうち、約4割が株主優待を行っています。優待回数や優待内容は企業によってさまざまで、自社製品の提供、割引券、お食事券など多岐にわたります。こちらも優待を受け取れるのは、決算後2~3カ月後になります。

株式分割

1株の株式をいくつかに分割して、株式数を増やすことを株式分割と言います。例えばある企業の株式を100株保有しているとして、1株が2株に分割されると保有する株式が200株に増えます。株数は増えても、株価が半分になるので、資産が増えるわけではありませんが、株価が安くなることによって、投資家が購入しやすくなるため、株価が上がる可能性があることと、1株当たりの配当が変わらなければ、配当金が増えるというメリットがあります。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

02国内株式と海外株式の違い

株式には日本国内の証券取引所に上場している企業の株式である国内株式と、外国企業が発行し、主に海外の証券取引所に上場している海外株式があります。国内株式と海外株式にはどのような違いがあるのでしょうか。

国内株式の特徴

国内株式は、対象となるその多くの銘柄がなじみのある企業であることが特徴です。トヨタ自動車、ソニーなど、日本を代表する企業が含まれていて、それぞれの企業の動向は、ニュースで取り上げられることも多く、情報に触れる機会が多いというメリットがあります。また、国内の投資家にとっては、海外の株式市場と違い時差がないこと、売買にあたっての通貨が円であることも国内株式の特徴だといえるでしょう。
なお、国内株式の購入では、銘柄ごとに売買する単位が決まっています。これを単元株といい、多くの銘柄の単元株は100株となっています。

海外株式の特徴

海外株式には、世界的に有名な企業から新興企業まで多種多様な銘柄を選ぶことができるという特徴があります。単元株の単位は国によって異なり、米国の場合は、1株から購入可能で中国では1単元1,000株のものが多くなっています。

また、株主優待制度のある企業はかなり少なく、その代わり、国内株式と比較すると、配当回数や配当金額が多い企業が多数あるのも特徴です。
一方で、それぞれの企業の情報を入手することが困難なこと、それぞれの国や地域の政治・経済環境や自然災害などがマーケットに影響を及ぼすこともあることには注意が必要です。

海外株式は日本の海外株式の取り扱いを行う証券会社で取引が可能です。現地通貨で購入することが基本ですが、ある程度銘柄は制限されるものの、日本円で購入することも可能です。海外株式への投資には為替変動リスクがあること、また、日本との時差があることにも注意しておきましょう。

また、売買の際に、日本では、急激な値上がりや暴落を防ぐためにストップ高・ストップ安という値幅制限がありますが、この値幅制限は国によって異なります。米国や中国では値幅制限がないので注意が必要です。

国内株式 外国株式 比較
わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

03株式投資の大きな魅力「値上がり益」が期待できる銘柄の見分け方

株式投資の大きな魅力の一つは値上がり益を得る可能性があることです。株が値上がりするかどうか見分けるにはさまざまなポイントがありますが、ここではまず二つの基本的なところを押さえておきましょう。

将来性

投資を検討する銘柄を選ぶには、対象となる企業に将来性があるかどうかを見極めることが必要で、そのための情報収集をすることが大切です。その企業が独自の商品や技術を持っているか、商品やサービスに潜在的な需要があり、市場に拡大の余地があるかどうかなどに注目してみましょう。その企業や業界の動向をニュースや企業のウェブサイドなどで調べてみることで、発見があるかもしれません。

テーマ性

その企業の活動が、世の中の流れに沿っているかどうかも確認しておきましょう。デジタル化の波が押し寄せ、各企業には迅速な対応が求められています。グローバル化への対応も避けては通れません。企業の業績は、こうした世の中の動きに影響されます。
一方で、企業には社会的な責任も求められるようになり、SDGs(持続可能な開発目標)や、環境(Environment)、社会(Social)、企業統治(Governance)の頭文字を取ったESGが注目されるようになり、企業が社会的な課題にどう取り組むのかを求められるようになっています。そうした時代の流れに伴って示されるテーマへの、各企業の対応も注目されていることを理解しておきましょう。

「値上がり益」が期待できる銘柄の見分け方

将来性
対象となる企業に将来性があるかどうかを見極めることが必要で、そのための情報収集をすることが大切
テーマ性
その企業の活動が、世の中の流れに沿っているかどうかも確認。企業の業績は、こうした世の中の動きに影響される
わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

04国内株式の選び方

株式投資で利益を得るためには、各企業についての情報を収集し分析することが必要です。しかし、投資したい企業をひとつひとつ綿密に分析することは経験が豊富な投資家にとっても決して簡単なことではありません。
初心者の場合は、具体的に商品やサービスなど事業の内容を知っている企業が多い国内株式から検討してみるのが良いかもしれません。
投資先を検討する際には、以下の点を心がけ候補となる銘柄を探してみましょう。

身近な企業を選ぶ

投資を検討する企業が成長するかどうかの判断は難しいのですが、その企業の業績や今後の見通しはわかる範囲で調べておきたいものです。自分がよく利用する商品やサービスを提供する企業であれば、商品の売れ行きや新たなサービスなどの情報が自然と入ってくるものです。
洋服など自分が興味のある商品を購入する前に他と比較して調べるように、企業の業績や将来性を調べてみましょう。身近な企業であれば、業績を確認したり事業の内容を調べたりして、同業他社と比較することで、株式投資のイメージを広げるのも良いでしょう。

配当金・株主優待で選ぶ

配当金の額や株主優待の内容から銘柄を選ぶ方法もあります。一般的に業績が安定した企業は、株価が大きく変動することが少ないのですが、配当金や株主優待で利益を得ることができます。

配当は、1株当たり〇円というように分配されます。購入した株価に対し、1年間でどれだけの配当を受けることができるかを示す数字を配当利回りといいます。例えば、1株1,000円で1単元100株の銘柄を持っているとすると、配当利回りが2%であれば、1,000×100×2%=2,000円を1年間に配当として受け取ることができます。

株主優待で得られる商品や割引サービスは、3,000円相当などと金額が書かれていることが多いので、換算して利回りとして考えることができます。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資

05株式投資のリスク

株式投資には主に二つのリスクがあります。

  • 価格変動リスク
    株価の値動きによって収益を得る可能性もありますが、損失を被る恐れもあります。
  • 信用リスク
    投資した企業が破綻する可能性があります。


さらに外国株式の場合には以下のようなリスクがあります。

  • 為替変動リスク
    為替レートの変動により為替差損が生じる可能性があります。
  • カントリーリスク
    投資した企業の国や地域の政治・経済環境により価格変動等が発生する可能性があります。


こうしたリスクを理解したうえで投資を始めましょう。

わかる選べるNISA投資
わかる選べるNISA投資
阿部理恵

監修:阿部理恵

CFP®、終活カウンセラー、LABプロファイルインストラクター、FPラウンジ登録FP

プロフィール

慶應義塾大学卒。約7,000件の保険相談業務を担当。大病の経験から、自分らしい生き方、いざという時困らないお金をアドバイス。心理学を学び、メンタル面からもアプローチ。


SNSに投稿

関連キーワード





ご利用上の注意

  • 本記事は情報の提供を目的としています。本記事は、特定の商品の売買、投資等の勧誘を目的としたものではありません。本記事の内容及び本記事にてご紹介する商品のご購入、取引条件の詳細等については、利用者ご自身で、各商品の販売者、取扱業者等に直接お問い合わせください。
  • 当社は本記事にて紹介する商品、取引等に関し、何ら当事者または代理人となるものではなく、利用者及び各事業者のいずれに対しても、契約締結の代理、媒介、斡旋等を行いません。したがって、利用者と各事業者との契約の成否、内容または履行等に関し、当社は一切責任を負わないものとします。
  • 当社は、本記事において提供する情報の内容の正確性・妥当性・適法性・目的適合性その他のあらゆる事項について保証せず、利用者がこれらの情報に関連し損害を被った場合にも一切の責任を負わないものとします。本記事には、他社・他の機関のサイトへのリンクが設置される場合がありますが、当社はこれらリンク先サイトの内容について一切関知せず、何らの責任を負わないものとします。本記事のご利用に当たっては上記注意事項をご了承いただいたものとします。